マウスピースを使った子供の矯正って?

マウスピースを使った子供の矯正って?
お子さんの成長に伴って歯並びが気になってきた・・・なんてことはありませんか? 子供の矯正治療のひとつにマウスピースを使った矯正方法があります。 マウスピースを使った矯正は歯並びの改善だけでなく、口呼吸の改善などの効果が期待できる知慮法でもあります。 今回は、お子さんのマウスピースを使った矯正を検討中の方に、特徴やメリットデメリットなどを詳しく解説します!

子どものマウスピース矯正の特徴

マウスピースを使って子どもの矯正を検討する前に、マウスピース矯正はどのような治療法なのか、どのような効果があるのかを理解しておきましょう。

マウスピース矯正とは

歯並びを整える歯列矯正で代表的な矯正はワイヤーとブラケットを使用した矯正で、歯の表面に装着したブラケットにワイヤーを通すことで歯並びを整える矯正が一般的です。 マウスピース矯正は歯列矯正の治療法のひとつでワイヤーやブラケットなどの金属は使用しません。 患者さんそれぞれに歯に合わせたプラスチックで作られたマウスピースをはめることで、歯並びを整えていく治療法です。

どのような効果があるのか

マウスピース矯正の治療効果は、ワイヤーとブラケットを使用する矯正に比べると完成度は劣るものの、子どものマウスピース矯正であれば70~80%の完成度です。 子どもの歯は大人に比べると骨が柔らかく顎が発育段階であることから、無理なく歯並びを整えることができます。 また口呼吸をしており就寝時のいびきが気になる場合も、マウスピース矯正によって口呼吸の改善や発音の改善、舌のトレーニング、お口の筋肉を整えるなどの効果が期待できます。

子どものマウスピース矯正のメリット

子どものマウスピース矯正は大人に比べると歯を移動しやすいため、治療効果も高いです。また、取り外しができることから歯磨きがしっかりできるなどのメリットが挙げられます。詳しく見ていきましょう!

抜歯の必要がない

マウスピース矯正は基本的に抜歯の必要がなく、成長期の子どもの顎を広げることが出来るため抜歯をせずに矯正できる可能性が高いです。 症例によっては抜歯の必要もありますが、抜歯をしない矯正を検討されている方には向いている治療法です。

取り外しが簡単で衛生的

マウスピース矯正は取り外しができるためブラケットとワイヤーでおこなう矯正と比べてお口の中を衛生的に保ちやすくなっています。 子どものマウスピース治療は就寝時や 日中などの時間を決めての装着になるため、口の中の違和感も軽減され、マウスピースを外したままで歯磨きをすることが出来るので虫歯になりにくいのも特徴です。 また、マウスピース自体を洗浄することが出来るのものメリットの一つです。

金属アレルギーの子どもでも使用できる

金属アレルギーのあるお子さんの場合は、ブラケット矯正で使用される矯正装置が金属製であることから金属アレルギーを起こす場合があります。 心配な場合は、事前にパッチテストを受けることもできますが、マウスピースの場合はプラスチック製ですので、金属アレルギーのあるお子さんでも歯列矯正の治療を受けることができます。

ブラケット矯正に比べて痛みが少ない

ブラケットを使用して歯列矯正を行うと、矯正中の痛みや、通院時のワイヤー交換をするときの痛みを感じる場合があります。 マウスピース矯正は基本的に歯にはめるだけですので、歯が動くときの違和感やマウスピースをはめることでの窮屈さを感じることがありますが、ブラケット矯正に比べると少ないことが特徴です。 子どものマウスピース矯正は長時間マウスピースを着用することがないため体にかかる負担は少ないです。

目立ちにくい

通常、子どもの歯列矯正であってもブラケット矯正を選択した場合には歯の表面に金属製の矯正装置を付ける事になるため、食事中や会話中、笑った時などに矯正装置が目立ってしまいます。 その点マウスピース矯正は無色または半透明のプラスチックで出来ているため目立ちにくく、見た目が気になるお子さんにも使用することができます。

子どものマウスピース矯正のデメリット

マウスピース矯正は大人も子どもも手軽に治療を受けることができますが場合によっては治療を受けることができない場合や、効果を実感できない場合があります。 お子さんのマウスピース矯正を受ける前にしっかりとカウンセリングを受けて治療の適応となるのかを確認しておきましょう。

歯並びによっては治療期間が長くなる

歯並びが極端に悪い場合や大きく歯を動かす必要がある場合に、マウスピース矯正を行うと通常の歯列矯正よりも時間がかかってしまいます。 また、歯の生え方によっては子どもでも抜歯の必要があり、ブラケットでの矯正の方が適している場合があります。カウンセリング時に医師にしっかりと相談することが大切です。

お子さんが外してしまわないように注意が必要

マウスピース矯正歯取り外しが簡単であることもメリットの一つですが、それ故にお子さんが日中や就寝時にわずらわしさからマウスピースを取り外してしまう場合があります。 マウスピース矯正を始める前に、なぜマウスピースを使用するのかを分かりやすく伝えて、決められた時間きちんとマウスピースを付けておくことも大切です。

効果が実感できない場合もある

子どものマウスピース矯正の完成度は70~80%です。顎が小さい場合は顎の発育が十分でないと考えられそのせいで歯並びが悪くなっている場合があります。 未発達の顎は口呼吸の鼻づまりなどの原因にもなりますが、マウスピース矯正をしても効果が実感できないという場合がありますので、ブラケット矯正や複数の矯正方法を組み合わせる治療法を検討しましょう。

治療を開始する時期

子どものマウスピース矯正はまだ乳歯の残っている小学校の1~2年生頃から開始することができます。症例によってはもっとは早く開始する場合がありますので、マウスピース矯正を検討している歯科医院で早めのカウンセリングを受けることをオススメします。

費用と期間

マウスピース矯正は歯列矯正の一つで自由診療になります。そのため、歯科医院によって費用は異なります。 マウスピース矯正の期間は歯の動きが早い子どもであれば数か月~1年程度です。 また、マウスピースは治療が進むにつれて取り換える必要があり、調整料が別料金で必要になる場合がありますのでその点も留意して歯科医院を決めるとよいでしょう。 マウスピースを使った子どもの矯正は、取り外しができる矯正装置であるためブラケット矯正に比べると手軽に行うことができます。 ただしブラケット矯正に比べると完成度は80%であることや成長の過程で後戻りするかもしれないことを念頭に置いておかなければなりません。 気になる歯科医院でカウンセリングをしっかり受けて、お子さんの治療を開始しましょう

歯列矯正についての基礎知識カテゴリの最新記事