歯科矯正でお金がないときはどうする?無理なく支払える4つの案を紹介

歯科矯正でお金がないときはどうする?無理なく支払える4つの案を紹介

歯並びの相談医院探しカウンセリング予約

でコンシェルジュに相談してみませんか?

もっと詳しくデンタルジュLP

(完全無料)

歯科矯正は一部の症例を除いて自由診療になるため、治療にかかる費用は高額です。

そのため、「歯科矯正でお金がない」といった悩みをもつ人は少なくありません。そこで、今回は歯科矯正でお金がないときに、無理なく支払える案を4つ紹介します。

歯科矯正で必要なお金

まず、歯科矯正で必要なお金について見ていきましょう。歯科矯正は装置の種類や治す範囲によって金額が異なります。ここでは、歯並び全体を治す場合の目安の費用を紹介します。

歯科矯正の種類 目安の費用
表側矯正 約60万~100万円
裏側矯正 約100万~150万円
ハーフリンガル矯正 約100万~130万円
マウスピース矯正 約80万~100万円

 

表側矯正とは、歯の表面にブラケットとワイヤーをつける矯正方法です。ブラケットやワイヤーには種類があり、審美性の高いもの(白いワイヤーやブラケット)は費用が高額になります。

裏側矯正とは、歯の裏側に装置をつける矯正方法です。ブラケットはオーダーメイドになること、歯科医師の技術が必要になるためどの矯正方法よりも高額です。

ハーフリンガル矯正とは、上は裏側矯正、下は表側矯正で行う矯正方法で、裏側矯正と比較すると費用は抑えられます。

マウスピース矯正とは専用のマウスピースを装着して歯並びを整える治療方法です。全体矯正の場合、ワイヤー矯正と同じくらい費用がかかることが多いです。

歯科矯正は装置によって費用に差が生じますが、どの矯正方法も100万円ほど見積もっておいた方が良いでしょう。

また以下のような費用は別途でかかることもあります。

 

処置内容 目安の費用
カウンセリング 無料~約8,000円
診査・診断 無料~約60,000円
調整 約3,000~8,000円
保定装置 無料~約60,000円
メンテナンス 約3,000~5,000円

 

いずれも歯科医院によって費用は異なります。カウンセリングや診査・診断は歯科矯正を始める前に行うもので、矯正費用とは別途でかかります。

なお、調整とはワイヤーの交換やマウスピースの型取りなど、通院日に行う処置のことです。歯科医院の支払い制度によって調整料も含まれている場合もありますが、ほとんどの歯科医院では通院するたびに費用がかかります。

お金がなくても歯科矯正したいなら

「歯科矯正はまとまったお金が必要」と思っている人も多いでしょう。

しかし、以下のような支払い制度の利用や治す範囲を限定することで、まとまったお金がなくても歯科矯正は受けられます。ここでは、お金がないときに無理なく支払える4つの案を紹介します。

  • 院内分割を利用する
  • デンタルローンを利用する
  • 部分矯正を検討する
  • 価格設定の低いマウスピース矯正を検討する

院内分割を利用する

院内分割とは、歯科医院が独自に行っている分割払いのシステムのことです。たとえば、矯正治療を受けるのに100万円必要な場合、毎月5万円など一定額歯科医院に支払います。

歯科矯正の治療期間は1年半~2年程度。治療を終える頃には全額支払えるように調整したり、余裕がある月は多く支払ったりすることもできます。

院内分割は分割手数料がかからないのがメリットです。ただし、どこの歯科医院も導入している制度ではないため、事前に確認する必要があります。

デンタルローンを利用する

デンタルローンとは、信販会社が矯正費用を歯科医院に立て替え払いし、患者側は信販会社に一定額を毎月支払うローンのことです。

利用目的は「歯科治療」に限定されています。デンタルローンが利用できるのは20歳以上で安定した収入がある人。

金利はクレジットカードや銀行のローンを利用するよりも低いのがメリットです。

ただ、やや厳しい審査に通る必要があり、アルバイトやパートでは通らないこともあります。なお、学生でも親名義であればローンを組めます。

部分矯正を検討する

部分矯正とは、歯並び全体ではなく、気になる部分の歯の乱れを治す矯正方法です。

前歯のみの矯正治療になるため、噛み合わせの改善はできません。「前歯のすきっ歯だけ治したい」「下の歯だけ治したい」といった場合、噛み合わせに問題なければ部分矯正が適応になることがあります。

部分矯正は全顎矯正と比較すると費用を抑えられるため、部分矯正が適用になる人は検討するのも良いでしょう。

価格設定の低いマウスピース矯正を検討する

近年では、価格設定の低いマウスピース矯正が誕生しています。

インビザライン矯正といったマウスピース矯正と比較すると、費用を大きく抑えられます。

ただし、価格設定の低いマウスピース矯正は、治せる範囲は前歯だけ、なおかつ軽度な症例のみに限定していることが多いです。

前歯の気になる部分だけ治したい人や矯正後の後戻りを治したい人は検討するのも良いでしょう。

安すぎる歯科矯正には注意

ホームページなどで「月額○円から」など相場よりも安い歯科矯正は注意が必要です。

相場よりも安い歯科矯正は、治せる範囲が前歯だけだったり噛み合わせの改善ができなかったりすることがほとんどです。

たとえば、噛み合わせの改善が必要な症例なのにもかかわらず、前歯だけの矯正で済ませると、歯の真ん中の線(正中)がズレたり、噛み合わせに違和感を覚えたりといったトラブルが起きる可能性があります。

それにより、思っていたような治療結果にならず、再治療が必要になり費用がかさむことも。

また、安いと思って矯正治療を受けても、治療期間が延びると追加で費用がかかることもあります。安さだけで歯科矯正を受けると後悔する可能性は大いにあります。

歯科矯正を受ける際は、「治療のゴール」を明確にして、ご自身の症例にあった矯正方法の選択をすることが大切です。

まとめ

歯科矯正はまとまったお金がなくても、院内分割やデンタルローンを利用することで受けることが可能です。

また、軽度な症例であれば部分矯正など検討してみるのも良いでしょう。

ただし、値段の安さだけで矯正装置や歯科医院を決めてしまうのは、思うような治療結果にならない可能性があるため注意が必要です。

矯正治療を受ける前は、複数の歯科医院でカウンセリングを受けてご自身に合った矯正方法と歯科医院を選びましょう。

デンタルジュでは、歯科医院探しのお手伝いをしていますので、ぜひお気軽にご利用ください。

歯並びの相談医院探しカウンセリング予約

でコンシェルジュに相談してみませんか?

もっと詳しくデンタルジュLP

(完全無料)