歯列矯正は「分割払い」もできる?支払い方法の種類について

歯列矯正は「分割払い」もできる?支払い方法の種類について

歯並びの相談医院探しカウンセリング予約

でコンシェルジュに相談してみませんか?

もっと詳しくデンタルジュLP

(完全無料)

高額な治療費がかかる歯列矯正ですが、費用面でなかなか治療に踏み出せないという方も多いのではないでしょうか?

しかし、最近は「分割払い」など支払い方法にも色々な種類が出てきていますので、昔に比べるとハードルが低くなってきています。

今回は、歯列矯正の支払い方法で分割払いは可能なのか?他にはどんな種類があるのかについてお話ししていきます。

歯列矯正で分割払いは可能?

全額(全ての歯)を歯列矯正するとなると最低でも80万円くらいの費用がかかってきます。

そのため「一括で支払いをするのは難しいから治療に踏み切れない…」という方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、歯列矯正の分割払いです。

歯列矯正には2つのタイプの分割払いがあります。1つ目が「院内で独自に行なっている分割払い」、2つ目が「デンタルローンによる分割払い」です。

それぞれ詳しく説明していきます。

院内分割払い

「院内分割払い」は、歯科医院で独自に行なっている支払い方法です。

医院によってルールは異なりますが、例えば歯列矯正にかかる費用80万円を治療期間(例えば3年)の間に分割で支払うなどの流れにすることができます。

他にも院内分割の支払い方法として…

・治療期間中(2年〜3年)の間で分割払い
・回数を決めて分割払い(3回払い、12回払いなど)
・前金を払い、残りを分割払い

以上のような支払い方法を用意してる歯科医院があります。

院内分割払いのメリットは、ほとんどの場合が分割手数料がかからない点めんどくさい審査がない点です。

医院によっては、分割手数料が無料といったサービスを行なっているところもあるため、手数料がかかるデンタルローンのように、余計なお金をかけずに治療することができます。

ただし場合によっては手数料や利子などがかかることもあるので、無料相談の際に必ず聞いておきましょう。

また、デンタルローンではローン会社による審査が必要です。書類の記入などめんどくさい手間が院内分割にはありませんの。

院内分割のルールは医院によって異なり、分割払いに対応していない医院も多いので必ず事前にリサーチしておきましょう。

院内で支払いする場合は、現金払い・クレジットカード払い、最近ではペイペイなどの電子マネーでも支払える医院が増えています。

デンタルローン

デンタルローンとは、歯科診療にかかる高額な治療費(自費診療)の支払いを金融機関に立て替えてもらい、その後分割で金融機関に支払っていくシステムです。

住宅ローンなどと同じように、審査が必要で職業や年収を申告する必要があります。

ほとんどの場合が分割手数料がかかるため、元の費用よりも割り高になりますが、最大で84回の分割払いが可能ですので、手元にまとまったお金がなくても治療を始めることができます。

頭金などを払う必要もなく、治療費をしっかりと分割することができるので計画的に返済できるのであれば治療を負担なく進めていくことができます。

デンタルローンの申請は歯科医院で行います。必要書類に記入し、場合によっては金融会社と電話をしながら進めていきます。

そこまで時間はかからないですが、歯科医院が忙しい時には時間がかかることもあるため、事前にデンタルローンの申し込むをしたいということを伝えておきましょう。

デンタルローンは気軽に申請できますが、ご自身のお財布事情としっかり相談して申し込むことが重要です。

医療費控除も利用しよう

できるだけ治療費の負担を少なくするために、医療費控除を利用することもおすすめします。

ご家族で年間合計10万円を超える医療費(歯科も含む)がかかった場合「医療費控除」を受けることができます。

歯列矯正治療も控除の対象となりますので、医療費に関する領収書は大切に保管しておいて、利用することをおすすめします。

ただし、歯列矯正は審美目的ではなく噛み合わせを治療するといった目的が対象になります。

医療費控除では保険治療費・自費治療費および、交通費が対象となります。

矯正の分割払いが始めるタイミングは?

矯正治療の契約をした後、どのタイミングで支払いが始まっていくのか?という疑問ですが、院内分割の場合は治療が始まってからが一般的です。

前払いが必要なことは、治療が始まる前か1回目の治療の際に支払い、その次の治療から分割払いが始まるという流れが多いです。

分割払いは月に1度の調整日に支払う流れになるでしょう。

医院によって、タイミングも異なりますので支払いが遅れないためにも事前にしっかり確認しておきましょう。

デンタルローンの場合は、契約をした次の月から支払いが始まることがほとんどです。口座から引き落とし、クレジットカード払いになります。

毎月の調整費が別でかかる場合も

歯列矯正が始まると、毎月もしくは2ヶ月に1回ほどのペースで矯正器具の調整に通院する必要があります。

この調整料は分割払いに含まれていなくその都度かかるというパターンもありますので事前に歯科医院に確認するようにしましょう。

調整費も分割払いに含まれている場合は、支払いの必要がありません。

まとめ

今回は、歯列矯正の支払いに分割払いはできるのか?と内容をお話ししました。歯科医院によって院内分割やデンタルローンを用意しているところがあります。

院内分割の場合は、分割手数料がかからずに分割払いができるメリットがあり、デンタルローンでは60回払いなど細かく分割の回数を設定できるので負担なく支払いをすることができます。

ただし、このような分割払いがない医院もありますので事前にホームページなどで確認しておきましょう。

歯列矯正の費用について不安なことがあれば、歯科医院の無料相談などで実際にドクターに相談してみてください。

デンタルジュでは、あなたにあった歯科医院探しのお手伝いをしています。お気軽にご利用ください。

こちらの記事もおすすめ:【永久保存版】矯正治療の費用ってどれくらいかかるの?

歯並びの相談医院探しカウンセリング予約

でコンシェルジュに相談してみませんか?

もっと詳しくデンタルジュLP

(完全無料)