すきっ歯はどんな矯正治療がおすすめ?部分矯正でも治療が可能!

すきっ歯はどんな矯正治療がおすすめ?部分矯正でも治療が可能!

歯並びの相談医院探しカウンセリング予約

でコンシェルジュに相談してみませんか?

もっと詳しくデンタルジュLP

(完全無料)

歯と歯の隙間が空いているいわゆる「すきっ歯」ですが、人の目につきやすいこともありコンプレックスに感じている方もいると思います。

今回は、そんなすきっ歯はどんな矯正治療がおすすめなのか?矯正治療でどのように治していくのか?についてお話ししていきます。ぜひ参考にして下さい。

すきっ歯とはどんな歯並び?

まず、すきっ歯とはどんな歯並びなのかについて知っておきましょう。

すきっ歯は、歯と歯の間に隙間が空いている状態で、前歯と前歯の間に隙間が開いている場合は「正中離開(せいちゅうりかい)」と呼ばれ、他の部位に隙間が開いている場合は「空隙歯列(くうげきしれつ)」と呼ばれます。

歯列矯正しようか悩んでいる人のほとんどが前歯に隙間の開いている正中離開です。人目につきやすくコンプレックスに感じる人も多いようです。

すきっ歯になってしまう理由にはいくつかあり、生まれつきによる「先天的」なものと、日々の習慣でなってしまう「後天的」なものに分けられます。

先天的な理由の場合は、顎のスペースに比べて歯が小さかったり、生まれつき歯の数が小さい、矮小歯など歯の奇形などが挙げられます。

また、上唇小帯と呼ばれる上の前歯と唇側のあいだの部分にあるヒダが異常に発達していると、正中離開の原因になることがあります。

後天的な理由としては、舌を前歯の間に押し込んでしまうなどの弄舌癖や子供のころの過剰な指しゃぶりなどが挙げられます。この場合は、すきっ歯になってしまう原因を取り除かないと矯正治療後も、再びすきっ歯になってしまう可能性があります。

弄舌癖などの口腔習癖は、早めの改善が必要になりますので歯科医院で相談しましょう。舌癖トレーニングというものがあり、医院によってはお口周りの癖を改善するお手伝いをしてくれます。

すきっ歯があるとどんな悪影響がある?

すきっ歯は見た目の問題だけでなく、他にもさまざまな影響を及ぼしていきます。

発音がしにくくなる

前歯に隙間が開いているために、息が漏れやすく特にサ行」の発音がしにくいとされています。社会人になって人前で話す機会が増えた時に、コンプレックスに感じ歯列矯正をする人もいます。

汚れが溜まりやすくなる

歯と歯の隙間の間に、汚れが溜まりやすく通常の歯ブラシでも磨きにくいために、虫歯のリスクが高くなります。歯間ブラシやタフトブラシをうまく使って掃除する必要があります。

咀嚼に問題がある

歯の間に隙間があると、通常よりもモノが噛みきれない、噛んでもしっかりとすり潰すことができないなどの咀嚼障害を起こしやすくなります。栄養状態にも影響が出ますし、胃腸にも負担がかかりやすくなります。

顎に負担がかかる

歯に隙間があることで、噛み合わせがズレやすくなりそのまま咀嚼することで顎に負担がかかるようになってきます。顎に負担がかかると顎関節症などのトラブルを引き起こしやすくなります。

すきっ歯にはどんな矯正治療がおすすめ?

すきっ歯の場合は、基本的にどんな矯正治療でも治療が可能です。

出っ歯や反対咬合と比べてもすきっ歯の人は歯を並べるスペースが元々あるために、抜歯が必要ないことが多くどんな方法でも治療がしやすいです。

特に前歯のみのすきっ歯であれば、早い段階で隙間が埋まり綺麗な歯並びへと変化していきます。

大人になってからの、歯列矯正では見た目が気になるという方も多いので、透明なマウスピースを使ったインビザラインがおすすめです。

ただ、隙間が多く大きく歯を動かす必要がある場合はワイヤー矯正の方がスムーズに動かせる場合もあるので、ワイヤー矯正をおすすめされるかもしれません。

すきっ歯と裏側矯正

ワイヤーを歯の裏側につける「裏側矯正」ですが、目立たない矯正治療として、インビザラインと同じくらい人気があります。

すきっ歯の場合も裏側矯正が可能ですが、前歯のすきっ歯などは裏側の矯正器具が歯の隙間から見えてしまうことがあるということを理解しておきましょう。

隙間が塞がれば通常の裏側矯正のように、器具が目立つことがありません。

部分矯正もおすすめ

前歯のみのすきっ歯の場合は、部分矯正で治療することも可能です。

部分矯正とは、上下前歯6本のみを矯正器具で治療する方法で、全額の矯正治療に比べて治療費や期間が少なく済むところが魅力です。

前歯のみ動かせることができるので、軽度なすきっ歯であれば綺麗に治すことができます。

しかし、噛み合わせに問題がある場合には部分矯正で治すことができませんので、全体の矯正治療が必要になります。まずは部分矯正が可能かどうか歯科医院で相談してみましょう。

関連記事:矯正治療で「八重歯」だけを治したい!全体矯正と部分矯正はどちらがおすすめ?

補綴と矯正治療で治すこともある

矮小歯(通常の歯よりも小さい奇形)などで、歯との間に隙間が空いてしまっている場合は、矯正治療だけでは改善されないこともあるため、補綴(歯の被せものなど)治療と併用して治療を行うことがあります。

最近では、自費の材料も豊富にありご自身の歯に近い見た目の被せ物が作れますので、ぜひ一度相談してみましょう。

矯正治療を考えている方は、まず無料相談へ

すきっ歯などで矯正治療を考えている方は、まず歯科医院が行っている無料相談へ足を運んでみましょう。

無料相談では、矯正医師が実際に患者のお口の中を見てその人に合った矯正方法を提案してくれます。治療の内容や費用、期間など詳しいことも聞くことができ、歯科医院の雰囲気をチェックできるいい機会です、

矯正治療について不安なことがあればここで質問もできますので、いくつか歯科医院をピックアップして無料相談に行ってみましょう。

なお、無料相談はほとんどが予約制になりますので、事前に予約をしてから行くようにして下さいね。

まとめ

今回はすきっ歯と矯正治療についてお話ししました。すきっ歯は人目につきやすくコンプレックスを感じやすい歯並びですが、見た目だけでなく発音がしにくかったり、汚れが溜まりやすく虫歯になりやすかったりと他の問題も起こしやすいです。

ただ、他の不正咬合に比べて歯を並べるスペースが元々あることなどからどんな矯正治療でも治療が可能です。また、前歯部分のみでしたら、部分矯正でも治療をすることができます。

まずは、ご自身がどの程度のすきっ歯でどの治療があっているのか知るためにも歯科医院で行っている矯正相談に足を運んでみましょう。

歯並びの相談医院探しカウンセリング予約

でコンシェルジュに相談してみませんか?

もっと詳しくデンタルジュLP

(完全無料)