歯列矯正中はどんな食べ物を食べてよい?おすすめのメニューや避けたい食べ物

歯列矯正中はどんな食べ物を食べてよい?おすすめのメニューや避けたい食べ物

歯並びの相談医院探しカウンセリング予約

でコンシェルジュに相談してみませんか?

もっと詳しくデンタルジュLP

(完全無料)

ワイヤー矯正や裏側矯正は、歯につける装置が邪魔になって今まで通りの食事が困難になることがあります。また、食べ物によってトラブルが発生することも少なくありません。

そこで本記事では、歯列矯正中におすすめの食べ物、避けたい食べ物を紹介します。

歯列矯正中は食べ物に注意する必要がある

ワイヤー矯正や裏側矯正は矯正装置の取り外しができないため、食事中もつけたままになります。そのため、食べ物に注意しないと、食べ物が装置に挟まって取り除けなくなったり、装置が外れたりする可能性があります。

また、装置をつけた後や調整後は痛みのピークを迎えるため、思うように食事ができないことも多いです。

だからといって栄養の偏った食事をしていると、貧血や倦怠感など体調不良につながります。歯列矯正中は栄養バランスに考慮し、工夫した食生活を送ることが大切です。

歯列矯正中におすすめの食べ物

歯列矯正の種類には、ワイヤー矯正、裏側矯正、マウスピース矯正があります。マウスピース矯正は基本的に食事制限はないため、今まで通りの食事が楽しめます。

しかし、ワイヤー矯正や裏側矯正は、歯が動くときに痛みが生じたり、口内炎ができやすくなったりするため、食べ物に工夫が必要です。ここでは、歯が痛いときや口内炎ができたときのおすすめメニューを紹介します。

歯が痛いときにおすすめのメニュー

装置をつけた後や調整後は痛みを伴いやすいです。痛みには個人差がありますが、食べ物が歯に触れるだけで痛む方もいます。

人によっては食欲がなくなってしまう方もいますが、食べないのは身体に良くありません。痛みが強い場合は、以下のようなやわらかい食事がおすすめです。

 

  • おかゆ
  • 煮込みうどん
  • 豆腐料理
  • スムージー
  • ハンバーグ
  • 煮物
  • ポテトサラダ
  • ヨーグルトやゼリー

 

ご飯が噛めないときは、おかゆやリゾットにすると食べやすくなります。おかゆが苦手な方は、やわらかく煮込んだ太めのうどんが装置に引っ掛かりにくく、主食の代わりになるのでおすすめです。

 

豆腐はタンパク質が豊富なので、歯の痛みで肉や魚が食べられないときは冷奴や麻婆豆腐など豆腐料理が良いでしょう。ある程度痛みがおさまれば、ハンバーグやミートボールなど肉料理も食べられるようになります。野菜を摂取したいときは、やわらかく煮込んだ野菜の煮物、ポテトサラダ、野菜ジュース、スムージーなどがおすすめです。

 

ヨーグルトやゼリーといったデザートも食べることができます。ただし、アイスクリームやチョコレート、プリンなどは、虫歯になるリスクが高くなるため、適切な量を心がけ、食後は歯磨きを丁寧に行いましょう。

口内炎ができやすいときにおすすめのメニュー

「歯列矯正は口内炎との戦い」とも言われているほど、ワイヤー矯正や裏側矯正では頻繁にできます。歯列矯正中の口内炎は、装置がお口の中の粘膜にあたり、傷ができることによって発症します。

できてしまった口内炎を早く治すには、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6を積極的に摂取することが有効です。

中でもビタミンB2は、皮膚や粘膜の保護や炎症を抑える働きがあるので、口内炎の回復や予防にも効果が期待できます。

以下のメニューは、ビタミンB群が豊富に含まれています。

  • かつおのたたき
  • 豚レバーの甘辛煮
  • アボカドサラダ

 

かつお、豚肉、アボカドにはビタミンB群が豊富に含まれています。スジのある刺身は、装置に引っかかりやすく食べにくいですが、かつおのたたきは比較的やわらかいので食べやすくなります。

豚レバーはレバニラにしても良いですが、ニラが装置に挟まりやすいので、甘辛煮がおすすめです。アボカドは、マグロや卵、温野菜などと一緒に摂取するとタンパク質やビタミンCなど効率良く摂取できます。

歯列矯正中に避けたい食べ物

歯列矯正は痛みや口内炎がなければ、基本的に食事制限はありません。しかし、食べ物によって装置の脱落や虫歯・歯周病になるリスクが高まります。それを回避するために、矯正中は以下の食べ物はできるだけ避けましょう。

  • 硬い食べ物
  • 歯につきやすい食べ物
  • 装置に挟まりやすい食べ物
  • 着色がつきやすい食べ物

硬い食べ物

硬い食べ物は、装置にあたると変形したり外れたりする可能性があります。

この場合、歯に矯正力が加わらないため、治療に遅れが生じてしまうことも。特に以下の食べものには、小さくして奥歯で噛むようにしたり、なるべく避けるようにしたりといった工夫が必要になります。

  • おせんべい
  • クッキー
  • ステーキ
  • スルメイカ など

歯につきやすい食べ物

歯につきやすい食べ物は、矯正中は避けるようにします。なぜなら、食べ物が装置についてしまうと、取り除くのが困難になるからです。

また、歯につきやすい食べ物は、砂糖が多く含まれているものも多いので、虫歯のリスクが高まります。以下の食べ物は矯正中は避けるようにしましょう。

  • ガム
  • キャラメル
  • ソフトキャンディ など

装置に挟まりやすい食べ物

装置に挟まりやすい食べ物を摂取すると、絡みついて取れにくくなり、放置すると虫歯や歯周病の原因となります。

歯列矯正中に虫歯や歯周病になると、矯正を中断して治療を優先することもあるので、矯正期間が延びてしまうことがあります。特に以下の食べ物は注意が必要です。

  • えのき
  • ニラ
  • ほうれん草
  • 麺類 など

着色がつきやすい食べ物

矯正装置の種類には、白いプラスチックのブラケットを使用することがあります。以下のような着色がつきやすい食べ物は、装置が黄色く変色する可能性があります。

  • カレー
  • ミートソース
  • コーヒー など

まとめ

歯列矯正は約1年半~2年と長期間に及ぶ治療です。歯列矯正の中でも、ワイヤー矯正や裏側矯正は矯正治療を終えるまで装置はつけたままになります。そのため、食べ物に注意しないと、食べ物が挟まったり装置が外れたりする可能性があるので注意が必要です。

また、装置をつけた後や調整後は痛みによって思うように食事ができないこともあります。慣れるまでは食事に苦労することもありますが、工夫することによって楽しめるようになります。

矯正中の食事に疑問があれば、気軽に歯科医師または歯科衛生士に相談してみましょう。

歯並びの相談医院探しカウンセリング予約

でコンシェルジュに相談してみませんか?

もっと詳しくデンタルジュLP

(完全無料)