矯正治療の種類について

矯正治療の種類について
歯並びを治したいと思っても、見た目が気になって矯正治療を躊躇していませんか?以前は金属の装置が主流だったので見た目が目立ってしまうことがありましたが、最近では様々な矯正の種類や素材がでてきています。 ここでは、矯正の種類ごとの特徴(メリット・デメリット)についてご紹介します。

成人矯正

表側矯正

表側矯正は歯の表面に『ブラケット』と呼ばれる装置とワイヤーで矯正していく方法です。広く一般的に行われている矯正方法で、どの様なお口の状態でも対応することができます。 ただ、ブラケットの装置が目立ってしまうというデメリットがありましたが、最近では『審美ブラケット』が普及してきて見た目の問題も改善されてきました。

メタルブラケット

歴史ある矯正のブラケットで、金属でできています。 《メリット》 ・金属でできているので破損しにくい ・全体矯正の中では費用が安い 《デメリット》 ・金属なので目立ってしまう ・金属アレルギーのリスクがある

審美ブラケット

見た目が気になってしまうという方向けのブラケットで、セラミックを使用した白いブラケットです。 《メリット》 ・透明なので目立ちにくい 《デメリット》 ・装置がやや大きいので慣れるまで違和感がある ・メタルブラケットより費用が高い

セルフライゲーションブラケット

従来の矯正装置の様に針金で固定したり、ゴムを使用せず、開閉式の装置でワイヤーに蓋をする構造になっています。 《メリット》 ・摩擦や痛みが少なく、効率的に矯正治療を行うことができる ・針金を固定する手間がないので、調整時間を短縮することができる 《デメリット》 ・特殊な装置のためメタルブラケットより費用が高くなる ・他のブラケット装置に比べると少し大きくなってしまうので、慣れるまで違和感があることがある

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは透明のマウスピースをはめて矯正していく方法で、少しずつ違う形の新しいマウスピースに変えることで歯を動かしていきます。 《メリット》 ・透明のマウスピースなので見た目が分かりにくい 《デメリット》 ・決められた時間装着していないと、適切な効果を得る事ができない場合がある

裏側矯正

裏側矯正は歯の裏側に矯正装置をつける矯正方法です。 《メリット》 ・装置が裏側なので見た目が気にならない ・歯の表面に比べて裏側はエナメル質が3倍厚いので、矯正中の虫歯のリスクが少ない ・歯の裏側に装置がついているので、舌で歯を押す悪習癖が改善されやすく、後戻りのリスクを減らすことができる 《デメリット》 ・発音がしにくい ・表側矯正より費用が高い

部分矯正

部分矯正とは歯全体を動かして矯正するのではなく、前歯など一部分を矯正する方法です。 《メリット》 ・部分矯正は治したい部分だけを矯正するので、全体の矯正よりも費用を抑えて治療することができる ・一部分だけ歯並びを矯正していくので、全体矯正に比べて治療期間を短くすることができる 《デメリット》 ・適応できる歯並びが限られている

ハーフリンガル矯正

見えやすい上の歯は裏側に矯正装置をつけて、下の歯は表側に矯正装置をつける方法です。 《メリット》 ・上の歯は装置が裏側についているので、装置が見えにくい ・見えにくい下の歯は表側に矯正装置をつけるので、フルリンガル矯正に比べて費用を抑えることができる 《デメリット》 ・上の歯は裏側に装置をつけるので、表側矯正に比べると費用は割高になってしまう

インプラント矯正

歯科矯正用にインプラントを使用して歯を支点にするのではなく、インプラントを支点して矯正していく方法です。 《メリット》 ・歯を支点にするのではなく、インプラントを支点にして矯正していくので安定感があり、従来の矯正より期間を短縮することができる ・歯ではなく、インプラントを支点にするので、インプラントの位置を変えることで歯を動かしやすくなり、難しい症例も治療可能になる 《デメリット》 ・顎の骨にインプラントを入れるので、口腔内を清潔な状態に保たないと炎症を起こす可能性がある

セラミック矯正

気になった歯並びの部分の歯にセラミックの被せ物をして歯並びを整えていく治療法です。 《メリット》 ・歯の形や色を自由に決めることができる 《デメリット》 ・被せ物をするために歯を削らなければいけないため、場合によっては歯の寿命を縮めてしまうことがある

ブライダル矯正

結婚式までの期間までに矯正を終了する必要があるので、『セラミック矯正』『部分矯正』『マウスピース矯正』などの短期間で期間を見通しやすい矯正方法が選択されます。

スピード矯正

『セルフライゲーションブラケット』や『インプラント矯正』などさまざまな矯正方法を組み合わせて従来の矯正方法に比べて短期間で治療することができる矯正です。

外科的矯正治療

骨格的な問題があり、歯並びを動かすだけでは難しい場合には、あごの骨も含めて治療していく外科的矯正治療があります。

子供の矯正(小児矯正)

床矯正

あごを拡大する取り外し式の装置を使った矯正です。 プラスチックや針金がついた装置を入れてあごの成長を促し、歯が生えるスペースを作ってあげる矯正方法です。

口腔トレーニング装置

お口の周りの筋肉を鍛え、舌で歯を押してしまう癖が治る様に舌を正しい位置に誘導する取り外し式の装置です。

FKO

あごの成長をコントロールするための取り外し式の装置で、下あごが前に出てしまっている『反対咬合』の場合に下あごが出てこない様にする効果が期待できます。

マウスピース矯正(ムーシールド・T4K)

就寝時に使用するマウスピースで『受け口』を改善するために使用する取り外し式の装置です。 舌が低い位置になってしまうのを防いで正しい位置になる様にしていきます。

マウスピース矯正(インビザラインTEEN・KIDS)

インビザラインの中でも10代のためのマウスピース矯正です。 透明のマウスピースをはめて矯正する方法は同じですが、10代のあごの成長や歯の生え変わりを考慮した取り外し式のマウスピース矯正です。

リンガルアーチ

あごの裏側につける装置で動かしたい歯だけを移動させ、歯列を拡大してスペースを確保したい場合にも使用されます。 奥歯に固定する固定式の装置です。

フェイシャルマスク

夜間のみ使用する取り外し式の装置です。 『受け口』の場合に上のあごが前にくることを期待して、上あごの成長を促す装置です。

矯正歯科カテゴリの最新記事